ビットコインは信用できる?

ビットコインとは

ビットコインとは、最近よく聞く仮想通貨の一種で、インターネット上の決済で使用されるものです。ビットコインが誕生したのは、2009年であり、Fintech革命が進む現在では、日本でもビットコインで決済ができるお店が全国にあります。急速に普及し始めた仮想通貨ですが、信用できるのでしょうか?

お金とは

そもそもお金とは一体何なのでしょうか?お金自体に価値はあるのでしょうか?答えは、お金自体に価値はありません!紙幣はただの紙切れであり、硬貨はただの金属でしかないのです。では、なぜ私たちは、一生懸命働いてお金を稼いでいるのでしょうか?それは、お金には信用があるからです!各国で発行されているお金は、各国の中央銀行の信用のもとで成り立っています。日本円は、日本銀行の信用で成り立っています。1万円が1万円としての価値があるのは、日本銀行のおかげなのです。日本の大卒初任給が仮に20万円だとします。20万円あれば、1ヶ月間ある程度の生活ができますね。しかし突然、「今日から20万円ではジュース1本しか買えません」なんていうことになったら、20万円の初任給は100円程度の価値まで下落します。物価が急激に上がることをハイパーインフレといいますが、ハイパーインフレになった時のお金の価値は、紙くず同然になってしまうのです。その為、銀行に預金をしておけば安全だという考えは間違っています。お金は、物価に合わせて価値を変動させるべく、資産運用をするべきなのです。それでは、ビットコインに信用はあるのでしょうか?

ビットコインの信用

結論から言いますが、ビットコインに信用はありません!通貨と違って、中央銀行が発行しているわけではありませんので、当然ですが各国の中央銀行の信用はありません。インターネット上の決済手段として、ビットコインを買いたい人と売りたい人の需要と供給のバランスで成り立っているだけです。その為、通貨価値の乱高下が激しく、取引規制も未整備のため詐欺なども多発しています。

ビットコインとチューリップバブル

2017年9月14日の日経新聞によると、世界金融大手、JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOは、「ビットコインは本物ではない。いつか終わる。価格の高騰ぶりは17世紀にオランダで発生したチューリップバブルよりもひどい」と発言しています。チューリップバブルとは、オランダで起こった最古の金融バブルです。チューリップは、ヨーロッパの王族や貴族に愛されていたため、オランダの園芸家は、その栽培に力を入れ始めました。価格は徐々に騰がっていき、これに目をつけた一般大衆が取引に参加してきてから、価格は急上昇を始めました。そして、急上昇の後に待っていたのは、チューリップバブルの崩壊、即ち、チューリップの価格が大暴落したのです。現在のビットコインも、まだ普及して間もないため、急速に広がっていく過程です。しかし、急上昇の後に待っているのは、バブル崩壊です。

中国が仮想通貨取引所閉鎖へ

そして本日、日経新聞に『中国が仮想通貨取引所を閉鎖』という記事が掲載されました。中国では、9月末までに仮想通貨取引所を閉鎖する見通しで、BTCチャイナは、新規の口座開設を停止し月末までにすべての取引を停止すると発表しました。この報道を受けて、ビットコインの価格は30%も下落をしました。今後、世界各国でビットコインを含めた仮想通貨に規制強化の動きがみられると、更なる価格の下落もあるかもしれません。現実のお金も仮想通貨も、信用があってこそ初めて価値があるものになるのです。今後のビットコインの動向に注目していきたいです。

 

株式会社マネージュ

代表取締役社長 渡邊一慶

  • はてなブックマークに追加

 



2017年09月15日