クリスマス商戦

クリスマス商戦

そろそろ、街中もイルミネーションが始まるころでしょうか。

10月末から12月までは、小売り業者は書入れ時です。

世界中の子供たちが、サンタクロースにプレゼントをお願いしたり、子供や孫におもちゃやゲームをねだられたり・・・

恋人や夫婦でプレゼントを贈りあったりと、一年間で最も売り上げが期待できる時期ですね。

実は、クリスマス商戦が成功するか否かは、株価とかなり関係があります。

資産効果

日本人は、一部の富裕層の人しか投資を行っていないかもしれません。

しかし世界的には、投資は、誰もが当たり前のように行っているものです。

特に、投資大国のアメリカでは自分の資産のわずか15%程度しか、預貯金は持っていません。

株式や債券、投資信託によって、世界中に分散投資を行っていいるのです。

そこで、資産効果という言葉を紹介します。

資産効果とは、資産価格の上昇によって、人々の消費行動が活発になる効果です。

投資を行っていれば、株価が上がることにより、自分の持っている資産価値が上昇します。

私たちは「投資で儲かったお金なら、何か買い物をしよう」と思うわけです。

今年の株価は、世界的に上昇しています。

2017年のクリスマス商戦は、期待大なのです!

ブラックフライデー

11月の第4金曜日に、小売店などで大幅な安売りが実施されます。

アメリカでは、11月の第4木曜日が感謝祭(Thanksgiving Day)で祝日となっています。

多くの友人たちを招いて、七面鳥を囲んでのパーティーが行われます。

感謝祭の翌日である第4金曜日に、感謝祭プレゼントの在庫一掃セールが行われます。

買い物客が殺到し、小売店が繁盛して、1年で最も売り上げが見込めて黒字になります。

『黒字の金曜日=ブラックフライデー』と呼ばれています。

ブラックフライデーを迎えると、いよいよ、クリスマス商戦が本格化します。

サイバーマンデー

アメリカでのクリスマス商戦は、先ほど紹介したとおり、感謝祭の翌日のブラックフライデーから開始されます。

実店舗ではブラックフライデーがにぎわいますが、最近では、買い物をインターネットでするという方も多いです。

オンライン店舗では、感謝祭の休暇明け、月曜日に売り上げが急増することから、サイバーマンデーと名付けられました。

オンライン店舗の代表的な会社であるAmazonは、クリスマス商戦&サイバーマンデー関連銘柄です。

そして、もう1つ注目したのは、アメリカ人の買い物の仕方です。

アメリカでは、現金の支払いよりも、圧倒的にクレジットカードでの買い物が多いです。

クレジットカード

最近では、日本でも、クレジットカードで支払いをするという人は多いと思います。

Creditとは、信用という意味です。

僕も社会人になり、初めてクレジットカードを持った時、大人になったなと実感をしたものです。

クレジットカードの魅力は、何といってもポイントが付くということです。

マイルが貯まるカードもあり、すぐにマイルで海外旅行に行けてしまうのもいいですね。

手元に現金がなくても、あなたの信用に基づいて、後払いで買い物ができるというのも便利な点です。

そこで、代表的なカード会社のVisaとMasterもクリスマス商戦&サイバーマンデー関連銘柄です。

クリスマス商戦の時、実店舗のブラックフライデー時にクレジットカードを利用します。

そして、オンラインショッピングのサイバーマンデー時にもクレジットカードを利用します。

カード会社は儲かりますね。

投資チャンスは身近にある

投資チャンスは、身近にあります!

資産運用をしていると、毎日のニュースに敏感になります。

当然ですが、株価や為替、経済ニュースなどにも詳しくなります。

世の中の動きが少しずつ見えてくるのです。

普通の人では気付かない情報が、あなたの身の回りにはたくさん転がっているのです。

成功のカギは、あなたの身近にあるちょっとした変化に気が付くかどうかです。

常にアンテナを高くして、自分のためになる情報を入手するかしないかで、将来大きく差が付きます。

成功者になれるかなれないかは、あなた次第です。

しかし、何かをしようと思っても実際に行動する人は、たったの8%しかいないという現実があります。

成功するかしないかは、行動するかしないかだけですね!

株式会社マネージュ

代表取締役社長 渡邊一慶

  • はてなブックマークに追加


2017年10月29日