富裕層のお客様へ

富裕層のお客様へ

フランスの経済学者、トマ・ピケティ氏が書籍『21世紀の資本』のなかで述べたトマ・ピケティ理論をご存知の方も多いと思います。

富裕層と一般人との格差の拡大は、R>Gという公式で理解できます。

R(リターン)・・・資産運用から得られる利益率

G(グロース)・・・経済成長率=所得の伸び率

Rのリターンは約5%、Gのリターンは約2%といわれています。つまり、所得の伸び率よりも、資産運用から得られる利益率のほうが高いため、資産運用をしている富裕層の資産は、毎年毎年増えていくのです。

富裕層のお客様であれば、『なぜ資産運用が大切なのか』はご理解いただいていると思います。しかし、本当に正しい資産運用ができていますか?

信頼できる真のパートナー

アメリカでは、『人生には3人の友人が必要』といわれています。

1人目は、健康のプロである医者です。

2人目は、地位のプロである弁護士です。

3人目は、お金のプロであるファイナンシャルプランナーです。

まず、私たちにとって最も大切なのは健康です。何をするにも健康な体があってこそできるのです。予防医学も含め、信頼のできる係りつけのドクターを見つけることが大切です。

そして次は、弁護士です。会社経営者や医療法人経営者など富裕層のお客様は、自分のビジネスを持っている場合が多いです。そこで、万が一、トラブルに巻き込まれた時のために、優秀な弁護士が必要です。

最後に、お金のプロであるファイナンシャルプランナーです。医者に診てもらう時には医療費、弁護士を雇う時には弁護士報酬が必要です。もちろん、起業をしたり事業を継続するためにもお金は必要です。あなたの大切な資産を守る、お金のプロが必要なのです。

金融大国のアメリカでは、ファイナンシャルプランナーの多くは企業に所属をしていない独立系です。特定の企業に所属をしていると、お客様に提供できるサービスも自社のサービスに限定されてしまいます。企業に所属をしているファイナンシャルプランナーは、収益ノルマを課せられているため、手数料を稼ぐのに必死です。中立公正なアドバイスやサービスが受けたいという思いから、世界では独立系のファイナンシャルプランナーが選ばれています。

日本でも、数年後には『一家に1人、お金の専門家を雇う時代』が到来すると思います。

そこで富裕層の皆様には、あなたの大切な資産を守る、信頼できる真のパートナーを雇っていただきたいと思います。

スイスのプライベートバンクで培った、欧米流のマネー教育を、富裕層の皆様にご提供いたします。

商品を売らないファイナンシャルプランナー

マネージュのパーソナル・コンサル(年間顧問契約)は、一切の金融商品の販売及び保険契約をいたしません。

なぜなら、当社は、保険代理店業務も金融商品仲介業も行っておらず、マネー教育に特化をしたサービスを提供しているからです。

マネージュでマネー教育を学び、学んだ知識を活かし、お客様ご自身がフィンテックを最大限活用します。

インターネット証券を利用すれば、対面金融機関で投資をするよりも、無駄な売買手数料を低く抑えられます。

資産形成は中長期で行うものです。頻繁に金融商品を売買したり、高額な手数料を支払っていれば、あなたの資産は増えるどころか減る一方です。

無駄な手数料を極力抑え、効率が良い資産形成を目指しませんか?

パーソナル・コンサルは、人数限定で行っています。

大変申し訳ありませんが、1度にお受けできるお客様の数にも限りがございます。

募集枠が埋まってしまった場合は、数ヶ月間、空きが出るまでお待ちいただく場合もございますので、ご了承ください。